アナタが重視するのは、貯蓄率、保障内容、入院特約・・・それとも?

みなさま、はじめまして、サイト運営者のハナエと申します。長い間、某保険代理店でお仕事してきた関係上、友人たちからも「がん保険」についてもよく相談されましたが、「このがん保険が一番良い!」というのは残念ながらありません!アナタはがん保険に何を希望するのか?で人それぞれでベストな保険が変わるからです。まずは色々な保険会社のパンフレットを取り寄せて、自分自身の目で比較検討することからはじめましょう!

医療保険にプラス、ガン保険。

私は、医療保険に入っているので ガン保険の必要性を感じていませんでした。
ですが昨年立て続けに 知人がガンになり、亡くなった方もいますが 闘病を続けられている方の話で お金の大事さを説得されました。
通院でも入院でも、お金はかかります。
治療を受けるので、車も運転していけませんからタクシーを呼んだり、など 直接医療費ではなくても出費がかさみます。
祖父の話ですが すい臓がんでジェムザールを通院して打ってもらっていたのですが その度1~3万支払っていたようです。
高額療養費であとで戻るのですが、一旦支払わねばならないため やりくりに苦労していたようです。
ガンになると一旦は収入がなくなるわけだから、そこに出費は何倍にも増えるので 大変なんです。
今のがん保険の決め手は女性特有ガンに手厚い保障があったからです。
やっぱり女性は 女性特有のガン(子宮がん、乳がんなど)になりやすいので これらに手厚いのは魅力的です。

必要な保障を割安な保険料で実現します

がん保険と一口に言ってもいろいろなサービス内容があります。
高度先進医療の自己負担100パーセント保障、通院保障、診断一時金、、入院初日から補償、入院日数無制限などです。
もちろん 手厚いに越したことはないのですが がん保険のいいところはその手軽な保険料にもあると思うので 自分に不要かどうかを見極めて必要なリスクに備えたいものです。
通院補償は是非付けたいところです。
最近はQOL(クオリティオブライフ)の観点から 仮に余命宣告されても 入院せずに治療する方が増えています。
もちろん 見守っていてくれる家族がいたり 環境は必要ですが、ガンではあっても日常を大切にしたい気持ちは誰しも思うはずです。
しかし 注意したいのは 保険に通院補償が付いているかどうかです。入院時しか給付されないと 入院→お金が入る、退院→1円も入らないなんて悲劇です。
通院に補償がないと とても困ります。
その時になって 1円も出ない、ということがないように補償内容を吟味しないと 安さだけで選ぶと使えない保険になってしまうことがあるので 注意が必要です。

満期直前でがん保険を解約しました

私は11年前にアリコのがん保険に加入しました。

友人が保険の仕事をやっていたので、頼まれて加入したのですが、元々私の家はがん家系なので何か入っておこうと思ったのでタイミングとしては良かったのです。

加入した保険は月々2000円程度のものでした。
これぐらいなら、金銭的に負担にならないと思ったからです。

保険料の払い込みは1年間まとめてしていたので、若干安くなっていました。

しかし、2年前に仕事を辞めてしまい経済的に苦しくなったので満期直前に解約してしまいました。

今思えば、月々2000円程度なので置いておけばよかったのですが、当時の心境は月々の支払いを出来るだけ少なくしたかったのだと思います。

また落ち着いたら保険に入ろうと思いつつ今に至るのですが、どうしても後回しにしてしまいます。

現在41歳。
そろそろ体に不調が出てきてもおかしくありません。

がん保険に限らず、医療保険も検討しています。

がん保険は前回と同じアリコで同じぐらいの保険料で保障は十分だと思っているので、年内には申し込もうと考えています。

 
Copyright © 2012 がん保険の正しい選び方【 先進医療特約の必要性は? 】. All rights reserved