がん治療による幻覚症状

"父がガン治療の為に抗がん剤と同時に痛み止めの薬を服用する事となりました。

父は骨にまでガンが転移していたので、激しい痛みを伴う為に最初に処方された痛み止めからあっという間に、麻薬系の強い痛み止めを服用する事となりました。

ガンの痛み止めとしてポピュラーなオキシコンチンを服用していたのですが、痛みがそれでも治まる事がなかったので服用する量も次第に増えて行きました。

幻覚などの副作用が出る事が先生から言われていましたが、思っていた以上に副作用が出てしまったので本当にやるせない気持ちになりました。

父の場合、呂律が回らなくなり新しい事を覚えられなくなるなどの症状が見られました。

もともと癲癇を引き起こして薬を飲んでいた事もあったので、脳へのダメージは大きかったのかもしれません。

普段は言わないような事も口走るようになり、不安で仕方ありませんでしたが治療のおかげで回復に向かい、痛み止めを服用しなくて済むようになったのでホッとしました。"

保険・マネーの参考となるサイトとなります

 
Copyright © 2012 がん保険の正しい選び方【 先進医療特約の必要性は? 】. All rights reserved