必要な保障を割安な保険料で実現します。

"がん保険と一口に言ってもいろいろなサービス内容があります。
高度先進医療の自己負担100パーセント保障、通院保障、診断一時金、、入院初日から補償、入院日数無制限などです。
もちろん 手厚いに越したことはないのですが がん保険のいいところはその手軽な保険料にもあると思うので 自分に不要かどうかを見極めて必要なリスクに備えたいものです。
通院補償は是非付けたいところです。
最近はQOL(クオリティオブライフ)の観点から 仮に余命宣告されても 入院せずに治療する方が増えています。
もちろん 見守っていてくれる家族がいたり 環境は必要ですが、ガンではあっても日常を大切にしたい気持ちは誰しも思うはずです。
しかし 注意したいのは 保険に通院補償が付いているかどうかです。入院時しか給付されないと 入院→お金が入る、退院→1円も入らないなんて悲劇です。
通院に補償がないと とても困ります。
その時になって 1円も出ない、ということがないように補償内容を吟味しないと 安さだけで選ぶと使えない保険になってしまうことがあるので 注意が必要です。"

保険・マネーの参考となるサイトとなります

 
Copyright © 2012 がん保険の正しい選び方【 先進医療特約の必要性は? 】. All rights reserved