医療保険加入の検討項目

"最初に検討することは、毎月の保険料支払額(掛け金)です。
自分の収入と比較して、継続して加入できる範囲の支払額かどうかを検討します。
その次に検討する項目は、実際に保険金を受取る時の金額です。保険金の支払い額と比較して、受取額の多さを目指して検討します。当然ながら支払額が少なければ受取額が少ないのは当然です。この受取額を評価するいくつかのポイントがあります。
誰でも考えることは貯金利子との比較です。
いま10年後に病気にかかったとします。その時に保険金の総支払額がいくらになっているでしょうか?その保険加入により、病気の種類により保険金の支払いが決定されるものと思います。それともう一つ、通院か、入院かなどの状態により保険の支払額が決定するものと思います。そして、治療期間です。仮にに6箇気月間入院したとすれば、それで総受取額が計算できます。さて、この受取額と実際に支払った総額の比較が、医療保険に加入するかどうかの大きな判断基準となります。
しかし、病気ですから、10年後に病気にかかるかそれとも加入してから半年後に病気にかかるかは誰にも分かるものではありません。
加入後、半年後に病気になれば、医療保険の損得は先ほどの比較検討をするまでもなく、医療保険の威力が大いに発揮される次第です。"

保険・マネーの参考となるサイトとなります

レディースローンを利用するために女性向けカードローンの教科書があります。

 
Copyright © 2012 がん保険の正しい選び方【 先進医療特約の必要性は? 】. All rights reserved