女性は特にガンの危険性が高い

"ガンのリスクを考えるときに、最も危惧されるのは女性のガンに対する危機感のなさです。
はっきり言って、女性は男性よりもガンになりやすい体質だと言うことがほぼ確実に研究結果でわかっています。

例えば、閉経後の女性のその後の生活に関しては、本当ならば各機関がもっと女性に対して注意喚起をする必要があるのです。
高齢になればなるほど、生活習慣病にかかる危険性が高くなってきますが、それはつまり高血圧になってきやすいということを意味するのです。
ガン研究の結果では、閉経後の女性の血圧別のその後の私生活を見たところ、高血圧になっている女性ほど大腸ガンになるリスクが高くなっていることがわかっています。

しかし、こうした重大な情報というのはあまり外部には発信されません。
体力がなくなりやすい年齢でガンになってしまいますと、それだけで生存確率がかなり減少してしまいます。
ガンに対する危機感を持って、それにきっちりと対処できるようにしなくてはいけません。"

保険・マネーの参考となるサイトとなります

引っ越しシーズンは代金が高くて予算オーバー!引越し資金のためのお金をキャッシングで借りました

 
Copyright © 2012 がん保険の正しい選び方【 先進医療特約の必要性は? 】. All rights reserved